高柳 俊也 BLOG

エクスプレッションズ スタッフ情報配信

記事表示

通訳案内士 第2次口述試験を受験しました!

12月13日(日)に通訳案内士 第2次口述試験を受験してまいりました。

会場は東京都内。集合時間が15:30だったので日帰りです。
2次試験は試験会場が東京や大阪といった大都市に限られるので、地方在住者者には不便を感じないわけにはいけませんが、言っても詮無い事ですね。

申し込みを済ませると、大きな教室に受験者が集められます。注意事項の説明のあと、待機となるのですが、受験前と受験後で90分ほどありましたので、読み物を準備しておくと良さそうです。

待機していると、順次呼ばれて受験する部屋の前に案内されます。

呼ばれて部屋に入ると、日本人1名とネイティブ1名の試験官が座っていました。

脇に荷物を置くように促され、着席すると試験開始。

試験は大きく分けて2つのパートに分かれます。

●逐次通訳
●2分のプレゼンテーション(3つのテーマから選択)

まずは逐次通訳。

ゆっくりと、はっきりとした口調で日本人試験官の方が読み上げてくれます。

うろ覚えですが、以下のような内容です。

3世紀の日本では高貴な人が亡くなると古墳と呼ばれる小山の墓を作りました。棺とともに剣、鏡、玉、農具、馬具などが副葬品として納められました。


古墳はBurial moundsで、高貴な人は。。。みたいにアタフタと逐次通訳。
「玉」は言葉が出てきませんでした・・・

気を取り直して、プレゼンテーション。
トランプ2枚ほどの大きさの紙を3枚渡され、それぞれにテーマが書かれており、1つ選びます。

(1)横綱
(2)お通し
(3)おすすめの日本のおみやげ

1と3で迷いましたが、「おすすめの日本のおみやげ」をチョイス。
30秒が準備時間として与えられます。

和菓子はいろんな種類が豊富で、日本でしか買えないものが多い。西洋菓子と根本的に異なるので新鮮味があって喜ばれるのでは。
漆器もオススメである。高価なものから、廉価なもの、また最近は現代的なシンプルなデザインの漆器も多くあり、外国人の方々にも気に入っていただけると思う。
私の地元である石川県の輪島塗は全国的に有名である。石川県に来ることがあったら、ぜひ輪島塗をお買い求めください。
というようなことを話しました。

そのあとの質疑では、

・和菓子と西洋菓子は具体的にどんな点が違うのか?
・和菓子、漆器以外のおすすめは?
・これまでに最も印象的だった自分自身が買ったお土産は?

という質問がありました。
スムーズにやり取りできた覚えはありますが、詳細はあまり覚えていません^^;;

あっという間の10分間で、うまくできたのか、うまくできなかったのか、自分では判断ができませんが、精いっぱいはやりました。

1次試験が思わぬ合格でした。2次試験までの準備期間は約3週間。過去問を調べたり、日本の事象を英語で説明する練習をしたり、付け焼刃でのぞんだ試験ですが終わった本当にホッとしました。

合格発表は来年の2月10日。皆様に良いご報告をできることを願っています!

株式会社

エクスプレッションズ

TEL 076-220-6444
FAX 076-220-6445

 お問い合わせ

機密保持契約書     |      個人情報の取扱いについて     |      個人情報保護方針     |      利用規約     |      サイトマップ

株式会社エクスプレッションズ  

[金沢本社] 〒921-8011 石川県金沢市入江2-54 中村ビル3階 [東京オフィス] 〒104-0061 東京都中央区銀座7-13-6 サガミビル2階

 Expressions, Inc.